好奇心の匣タイトル画像

フリーホラーゲーム作者のアタマの中

これまでとこれから

どうも、留年決定を経て丸くなった作者です。
 昔の記事を見ていると、熱血だなーと思いますね…。
 新年が始まったということで、これまでを振り返ったり
 これからの話しをしたいなと思います。

 まずは、そうですね、ゲームエディタの乗り換えの話しをしましょうか。
 これまで作者が使っていたのはWolf RPG Editorという無料ソフトです。
 このソフトは無料なのに拡張性が高く、作りたいと思ったものを簡単に形にできる良いソフトです。
 一見非の打ちどころがない様に見えるこのソフトですが、
 不都合な点は確かに存在しています。

 今の作者にとって最も大きな問題は
 作ったゲームがwindowsのPCでしか遊べない、ということです。
 自分が苦労して作ったゲームは色んな人に遊んでもらいたいですよね。
 そう思うのは作者だけではなく全国津々浦々のゲーム製作者も同じだと思います。

 例えばWindowsでしか遊べなかったゲームが
 MacでもAndroidでもiPhoneでも遊べるとしたら
 プレイヤー人口が増えるだろうと想像できます。

 このように同じゲームが異なる機器で遊べる状態をマルチプラットフォームといいます。
 MineCraftなんかがいい例ですね。
 このマルチプラットフォーム化には、ウディタは対応していません。
 なのでマルチプラットフォームに対応したゲームエディタが必要になるのです。
 そこで今回作者が目を付けたのはGame Maker Studio 2という有償ソフトです。

 このソフトは、海外で主流の2Dゲームエディタです。
 有名な作品だとUndertaleがこのソフトで作られています。
 (Undertale好きです。)
 凄く複雑な処理ができる点(謎解きなどに応用できそう)や
 ドラッグ&ドロップでゲームが作れる点(詳細は後述)に惹かれてライセンスを購入しました。
 これにより、作者にはゲームをWindows,Mac,Web,Android,iPhone
 に出力できる環境が整いました。

 ドラッグ&ドロップ(DND)による高速のゲーム開発も可能で
 ライセンス購入から3時間程度で次のようなミニゲームが作れてしまいました。
   【ミニゲーム】  
 荒ぶる穢土管理組織の構成員をクリックして爆破するゲームです。
 あ、本編とは何のつながりもない事をご了承くださいね。

 浪人穢土シリーズもDNDで開発していこう!
 と意気込んでいたのですが、実装したいことが全然できなかったので
 Game Maker専用の言語を使ってプログラミングで製作することになりそうです(泣)。

 とまぁ、こんな感じでwebにゲームはできるので
 これから着実にサイトに上げていくのですが
 今まで使っていた無料のレンタルサーバーでは容量が足りなくなるので
 サイトの引っ越しもおこないました。
 ゲーム置き場も構築していけたらいいなと思います。
 色々な変化があったのですが、詳しいことは作者のTwitterを見てください。
 これからゲームアップ速度も上げていくつもりなので
 よろしくお願いします。

 ※留年は回避されました!!!!!(システムの不具合だったようです。2021/4/30追記)